わたしが脱毛に行きたいと思った理由

2年くらい前から、美容のため脱毛を受けに行っています。脱毛に行きたいと思った理由は、自分での無駄毛処理が本当に手に負えなくなったからです。女性用剃刀で入念にほぼ365日無駄毛をシェービングするのも骨が折れるし、お肌にもかなりの負荷がかかってしまうので、肌トラブルになったりカサカサになったり、剃刀の摩擦によって色素沈着を起こしたりもします。けれども、脱毛をするようにしてからは面倒で手間も時間もかかるのにお肌にも悪影響な自己処理をする回数もだんだん減って、お肌のケアも容易くなってスッキリしています。脱毛と聞けば手間のかかるイメージを持っていましたが、今は闇雲に毛を抜く脱毛とは違い、お肌に対して黒いむだ毛に反応を起こす専用のライトを当ててもらうだけで短時間で非常に手軽に脱毛してくれるエステが主流となっているため、脱毛施術は本当に僅かな時間で味わうことができるのです。脇と膝下をエステでその度に処理していますが、毎回30分強で非常に迅速に施術が終わります。肌に光を当ててもらうだけなので、痛みや痺れも全くなくて、脱毛はとっても心地よいです。脱毛を受けると無駄毛処理も簡単になるし、毛穴も引き締まってツルツルになってくるのでオススメします。

あたしの悩み事はひとつです。それは恋愛問題であり、無駄毛問題でもあります。わたしはムダ毛がちょっと剛毛体質です。なのに意中の彼の好きなタイプはまさに「色素が薄い人」なのです。「全身的に色が濃くない感じの女の子がタイプ」と言う彼は自分に見向きもしません。どうやらムダな体毛も産毛程度なら許せるみたいなんです。あたしはもう数年前からアイツに恋をしています。幼馴染みなので、私を女として認識している様子は全然なし。それが本当に切ないです。少しでもあの人に意識してもらう為には脱毛処理を受けてしまえば良いのかも知れません。わたしの量の多いむだ毛を目にする度にため息が出ます。恋してるから溜息をついてしまうのです。だから最近では自身の無駄毛が一番の悩みとなっています。脱毛施術を行ってこの問題が解決出来たら、アイツとの関係も良い方向になるかもと妄想すると、やっぱり脱毛の施術を受けたいです。現在脱毛処理を行うかどうかを真面目に考え込んでいます。濃いムダ毛をどうにか脱毛で減らして、気持ちを軽くしてから好きな人に女として接近していきたいです。

かなり剛毛なわたしにはイヤなシーズンになってしまいました。気温が上がると必然的に薄着をするようになるのでお肌の露出する面が増えますね。そうしたら無駄毛がかなり際立ってしまうので、別のシーズン以上に丁寧なムダ毛処理が必要となってくるのです。私のむだ毛処理のやり方は、とにかく地道にかみそりと電気シェーバーで剃るだけなので、剃り残さないように気をつけないといけないのです。それって意外ときつくて疲労困憊してしまうんです。もしも、ムダ毛が薄かったらここまで入念に時間をかけてまでやらなくてもいいのにと考えてしまいます。ハッキリ言ってむだ毛処理って時間を取られますし、もっと別のことにこの時間を使えるといいのにと思ってしまいます。ムダ毛がもっと薄ければ毎日ここまで悩むこともなかったんだと思うのです。いくら入念に、剃り残しが無い様に気を付けて剃っていても、半袖等でウデをさらした時に無駄毛が妙に目を引いてしまうのです。しかも毛穴の開きも目を引いてしまって凄く嫌なんですよね。

スポーツクラブへ行くようにしてから、暑い季節だけではなく、冬場も体を動かすときにはTシャツを着る為年間を通して常にうでとワキの毛を無駄毛処理しておかないといけなくなったので、エステに行こうと決めました。脱毛のメリットと言えば、無駄毛処理を自分で行わずに済むようになることや、毛穴が目立たなくなるためお肌の透明度や明るさが上がるし、自分でお手入れした時のように、処理忘れがないことです。自分自身で両腕・両脇をお手入れした場合、利き手ではない方の手でかみそりを握り処理しないといけないので、お肌に傷をつけてしまう事がたまにあったり、自分では処理したつもりでも明るい場所で肌をよくチェックすると、処理忘れが出てくるのです。けれども、エステサロンに行けば、手先が器用でないため度々処理残しをしてしまう私ですが、エステのプロがとても丁寧に手入れしてくれるので不安はありませんし、自分でお手入れするのとは違い肌がカサカサになったり黒ずみができる事もないので、良いですよね。お肌にかみそりを当てることによって起こるお肌の問題を防ぐためには、脱毛をするといいと思います。